アーニーパイルの碑

公開日 2015年01月09日

アーニーパイルの碑

世界的に有名な従軍記者、アーニーパイルは1945年4月18日、伊江島に上陸した米第305連隊と行動を共にし戦場を取材中、日本軍の機関銃弾に倒れた。同記者は、戦場にあっても一般の兵士の不安や怒り、喜びや悲しみを愛情をもって報道しつづけた。
遺体は粗末な木製の十字架の下に埋葬されていたら、後に沖縄本島の陸軍墓地、そして、ホノルルの国立墓地へ移された。
彼の戦死の地には、米軍の手によってこのアーニーパイル記念碑が建てられた。

地図

アーニーパイルの碑

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。