戸籍について

公開日 2015年01月15日

戸籍とは

戸籍とは、日本人が出生してから死亡するまでの親族的身分関係(出生、結婚、死亡、親族関係など)について、登録・公証するためのものです。現在の戸籍は、原則として一組の夫婦およびその夫婦と同じ氏の未婚の子を編製単位として作られています。

戸籍は、戸籍法に基づく届け出により記録され、本籍地の市町村役場に保管されています。戸籍謄本や抄本が必要な場合は、本籍地の市町村役場に請求してください。

本籍と筆頭者

戸籍は、「本籍」と「筆頭者氏名」で表示されます。

  • 「本籍」とは戸籍の所在場所のことです。(本籍と住所は必ずしも一致しません。)
  • 「筆頭者」とは、戸籍の一番初めに記載してある人のことです。(筆頭者は死亡しても変わりません。)
  • 婚姻の際に、夫の氏を名乗ることとした場合は夫が、妻の氏を名乗ることとした場合は妻が戸籍の筆頭者となります。

戸籍の電算化

伊江村では、平成16年1月から戸籍をコンピュータで処理し証明書の発行をしております。コンピュータ化に伴い戸籍証明書の名称が「戸籍謄本」は「戸籍全部事項証明」に、「戸籍抄本」は「戸籍個人事項証明」に変わりました。

また、コンピュータ化後の戸籍証明書には、法令により、婚姻や死亡等で既に除籍された人は記載されず、また、個人の記載事項が一部省略される場合があります。従前の記載のある戸籍や戸籍の附票が必要な場合は、「平成改製原戸籍」「平成改製原戸籍の附票」を請求してください。

お問い合わせ

住民課
住所:沖縄県国頭郡伊江村字東江前38番地
電話:0980-49-2002
ファクシミリ:0980-49-2003

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。