第三者行為(交通事故等)

公開日 2021年05月24日

〇第三者行為とは

 第三者の行為によってケガや病気になり、治療を受けることになった場合を指します。

例 ① 交通事故(自損事故以外のもの)

  ② 暴力行為(けんかの仲裁中に負傷、DVなど)

  ③ 咬傷(近所の飼い犬に噛まれたなど)

  ④ その他

 

〇第三者行為による被害の届出

 第三者(加害者)の行為によるケガの治療に保険証を使う場合は、保険者への届出が義務づけられています

 本来、被害者に過失がない限り、加害者が医療費の全額を負担することになりますが、被害者が国民健康保

 険証を使って医療費を支払った場合は、一部負担金以外の医療費(保険給付分)は、村が加害者にかわって

 いったん立て替えて支払、後日、加害者へ請求します。

第三者行為による傷病届[PDF:38KB]

【注意点】

すでに加害者から治療費を受け取っている場合は、国民健康保険を使うことはできません。

・自転車はバイクでの事故も必ず届出をお願いします。

・自損事故や自殺未遂などは、第三者の行為ではありません。

 

届出の根拠法令

 国民健康保険法第64条

 国民健康保険法施行規則第32条の6

 伊江村国民健康保険条例施行規則第21条 

お問い合わせ

住民課
住所:沖縄県国頭郡伊江村字東江前38番地
電話:0980-49-2002
ファクシミリ:0980-49-2003

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。