権現堂

公開日 2015年01月10日

権現堂

西崎区内に権現堂と呼ばれる史跡があります。照太寺は16世紀中ごろに尚清王が建立させたと伝わる臨済宗の寺でした。
観音堂は古い記録に権現所などと出ており、伊勢皇太神宮と勧請してできた社でした。
この寺と社は創建以来、村人の篤い信仰を得て栄えたといわれます。島では、この二つを総称して権現堂とよんできたようです。
寺社は1945年に沖縄戦で焼失してしまい、それ以来、この跡地は権現堂跡または照太寺跡などと呼ばれるようになりました。今の権現堂は平成10年3月30日に復元されました。

地図

権現堂

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。