公益質屋跡

公開日 2015年01月10日

公益質屋跡

第2次世界大戦で日本軍は壊滅。住民を含めて推定3500人が犠牲となりました。
米軍の攻撃を受けて村の建物はことごとく焼き払われ、かろうじて原形をとどめていたのがこの公益質屋の建物です。
同施設は、1929年に政府の融資を受けて設立された村営の金融機関でありましたが、当時は世界大恐慌期で村財政や村民の生活も苦しかった時代であったため、高利貸の暴利に泣く貧民を救う福祉施設であった。
同施設は、戦前のコンクリート建造物の研究でも注目されています。

地図

公益質屋跡

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。